2008年03月20日

眠れる良い遺伝子を目覚めさせよう

★眠れる良い遺伝子を目覚めさせよう

 私は生命科学の現場に40年近くおり、特に、後半は、遺伝子の研究に従事していました。

 その間、新しい遺伝子工学を取り入れることができ、幸いにも研究が予想以上に進み、多くの感動的なドラマに出会うことができました。

 2000年には、ヒト・ゲノムの全遺伝子暗号(塩基配列)がほぼ解読され、20世紀の科学の最大の成果だといわれました。

 しかし、この成果より、もっともっと凄いことがあります。

 それは、解読される前に、すでにその暗号が書かれていたという事実です。

 万巻の書物に匹敵するヒトの情報が、極微の空間に書き込まれ、しかも、その情報は、いま、一刻の休みもなく、私たちの身体の中で正確に解読されているという事実です。

 この見事な人間業を超える働きを、私は「サムシング・グレート」と名付けてきました。

 私たちは「サムシング・グレート」のお陰で生かされているとも言えるのです。

 いま、私が最も関心を持っているのは、多くの遺伝子は眠っており、それが、いろいろな刺激で眠りを覚ますという事実です。

 良い遺伝子をオンにすることができれば、私たちの可能性は飛躍的に向上します。

 このようなことが、科学の言葉で説明できる時代を迎えつつあります。

 私は、長い研究生活の結論として、「思いが遺伝子の働き(オン・オフ)を変える」と確信するようになりました。

 この仮説を科学的に証明するため「心と遺伝子研究会」を2002年8月29日に立ち上げました。

 仮説というと、なんだ仮説かという人がいますが、科学は仮説が大切なのです。

 あるいは仮説そのものなのです。科学は殆どの場合、絶対的な真実ではありません。

 私たちの身体には、多くの遺伝子が眠っております。

 これらの遺伝子が、感動、喜び、笑いなどによって生き生きワクワクすれば、目を覚ますと考えられます。

 このことが証明できれば、心と身体の関係が遺伝子のオンとオフで説明できる突破口が開けます。

 さらに、この研究で「心の持ちかたによって、眠れる良い遺伝子を目覚めさせること」を示せば、この成果は、将来の教育や生き方に新しい視点を導入できます。

 私は残りの人生を、このプロジェクトにかけたいと思っています。

 いまの日本は、元気がありません。

 それは、良い遺伝子が眠っている状態にあるからだと考えられます。

 けれども、21世紀は日本の出番が来ると私は思っております。

 そのためにも、皆さんと一緒になって、このプロジェクトを是非、成功させたいと念願しております。


  (心と遺伝子研究会代表挨拶より)


★最近の遺伝子の研究から、凄い事が一つ分かってきました。

 「遺伝子の働きは、それを取り巻く環境や外からの刺激によっても変わってくる」ということです。

 正確に言えば、それまで眠っていた遺伝子が眼を覚ますことでもあるのです。

 環境や外からの刺激といえば、一般には物質レベルだけを考えがちですが、私は精神レベルでも考えています。

 精神的な刺激やショックが遺伝子に及ぼす影響、つまり遺伝子と心の関係がこれから注目されるようになると思っているのです。

 例えば、強い精神的ショックを受けると、たった一晩で髪の毛が真っ白になってしまう。

 一方、末期がんで「余命数ヶ月」を宣告された患者さんが、半年たっても一年建ってもピンピンしている。

 また、俗に「火事場のバカ力」といって、極限状況になると人間はとてつもない力を出す。

 これらのどれもが遺伝子の働きに関係し、しかも本人の考え方でどちらでも転ぶ。

 例えばガンになった時、「治るんだ」と思う人と「もうダメだ」と思う人とでは、ガンそのものが変わってくる。

 ひどい高血圧なのに「俺は血圧が低いんだ」と頑固に信じているとなぜか症状が軽い。

 こういうことに遺伝子が深く関係している。


★人の細胞の数は60兆個。生まれたばかりの赤ちゃんでも細胞三兆個

 細胞の数は体重60キロの人で60兆個もあります。

 キロ当たり約1兆個の計算で、生まれたばかりの赤ちゃんでも3兆個の細胞を持っています。

 もっと凄いことは、この細胞一個一個に、例外を除いてすべて同じ遺伝子が組み込まれていることです。

 細胞の仕組みは、一つの細胞の中心には核があって核膜で覆われており、その核の中に遺伝子があります。

 元を正せばこのたった一個の細胞(受精卵)からスタートして、今のあなたがあるのです。

 一個の受精卵が二個に、二個が四個に、四個が八個に、八個が十六個に・・・と細胞が次々と分裂を繰り返し、途中からは、「おまえは手になれ」「おまえは足になれ」「俺は脳に行く」「俺は肝臓になる」と、それぞれ手分けして母親の体内でどんどん分裂を続けて、十月十日で出産、細胞数約3兆個の赤ちゃんの姿になってこの世に誕生する、というわけです。

 人の細胞一個の核に含まれている遺伝子の基本情報量は30億の化学の文字で書かれており、これをもし本にすると、千ページの本で千冊分になる。そして私たちはこのDNAに書き込まれた膨大な情報によって生きているのです。

 これだけの膨大な情報を持った遺伝子が、60兆個の細胞一つ一つにまったく同じ情報として組み込まれているということは、体のどこの細胞の一片を取ってきても、そこから人間一人を立派に誕生させる事が出来る可能性を持っているということです。

 しかし、ここで一つの大きな疑問が生じてきます。どの細胞も人間一人の生命活動に必要な全情報をもっているとしたら、爪の細胞は爪しかならず、髪の毛の細胞は髪の毛の役割しか果たしていないのはどうしてなのか?ということです。

 髪の毛の細胞が急に「心臓の仕事がしたい」、心臓の細胞が「俺は今日から爪の仕事をする」などと言い出すことはないのか。

 各細胞が持つ情報は全て同じなのですから、それは潜在能力的には可能なことなのです。

 しかし現実にはそういうことは起きていません。

 それは爪の細胞の遺伝子は爪になることはOK、つまり遺伝子をオン(ON)にしているが、それ以外は一切ダメ、つまりオフ(OFF)にしていると考えられるからです。

 受精卵から分裂して体を作っていく過程で、細胞間で何らかのそういった取り決め、役割分担みたいなものが行われ、以後は各細胞がそれをきちんと守っていると考えられます。


★誰がこんな凄い遺伝子の暗号を書いたのか

 人間はしゃべる時にも遺伝子が働かないとしゃべれない。

 言語情報を脳から取り出すときには遺伝子の働きがいるのです。

 さらに驚異的なのは、これらの遺伝子の構造と原理は、全ての生物に共通していることです。

 現在地球上には2百万種以上の生物がいるといわれているといわれますが、カビも大腸菌も植物も動物も人間も全て同じ原理。

 という事は、あらゆる生物が同じ起源を持つことを示しているように思われます。

 もう一つ遺伝子で興味深いことは、原理は同じなのに、その組み合わせによって、二つと同じものがないことです。

 秀才と美人が結婚しても「美男の秀才」が生まれるとは限らない。

 また別な見方をすれば、あなたがこの世に生まれてきたということは、70兆という膨大な数の可能性の中からたまたま選ばれて、この世に存在しているわけで、それだけでも貴重だということが出来るのです。

 いったい誰がこんな凄い遺伝子の暗号を書いたのか?遺伝子の暗号は、人間自身に書けるはずがないのは初めから分かっています。

 では自然に出来上がったのでしょうか?

 生命の元になる素材は自然界にいくらでも存在しています。

 しかし材料がいくらあっても自然に生命が出来たとはとても思えません。

 もし、そんな事が出来るのなら、車の部品を一式揃えておけば、自然に自動車が組み立てられることになる。

 そんなことは起きるはずがありません。

 ここはどうしても、人間を越えた何か大きな存在を意識せざるを得なくなってきます。

 私自身は人間を越えた何か大きな存在のことを、ここ十数年来「サムシング・グレート(偉大なる何者か)」と呼んでいます。

 そういう存在や働きを想定しないと、小さな細胞の中に膨大な生命の設計図を持ち、これだけ精妙な働きをする生命の世界を当然のこととして受け入れにくいのです。

 さらに私はこんなことも考えます。

 人間は自然に挑戦するとか、自然を征服するとか、色々と勇ましいことを行っているけど、大自然の不思議な力で生かされているという側面も忘れてはいけないのではないか!近年、生命科学が長足の進歩を遂げ、生命の謎が少しずつ解き明かされるところまで気いるのは事実です。

 しかし、ノーベル賞学者が束になってかかっても大腸菌一つ作れない。

 これから先も、生命そのものをゼロから作ることはきわめて難しいと思われます。


村上和雄先生とは、

 1936年生まれ。DNA解明の世界的権威・筑波大学名誉教授。
 世界に先がけ、高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に成功し、一躍世界的な業績として注目を集める。
 現在ノーベル賞の有力候補とされる注目の人。
 最先端の遺伝子工学の研究から、「感性と遺伝子は繋がっている」ことを究明。
 想像をはるかに超える人間の持つ偉大な可能性を開花させる「眠れる遺伝子の目覚めさせ方・考え方」を解き明かす。
 科学に身を置きながら、哲学、宗教、宇宙観をも包み込む独自の世界観を展開。
 その飾らない人柄と軽妙洒脱な語り口調に全国の経営者から絶賛の声が集まる。
 著書に「生命の暗号」「人生の暗号」「サムシング・グレート」「遺伝子は語る」「幸福の暗号」「未知からのコンタクト」他多数。

 続く・・・。
posted by yasu463 at 15:42| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | Something Great | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダライ・ラマ、5月に英皇太子と会談



 英国のチャールズ皇太子が5月、ロンドンでチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と会談することが分かった。王室報道官が20日、明らかにした。前日には、ゴードン・ブラウン英首相が5月にダライ・ラマと会談する意向を示し、中国政府の怒りを買っている。


村上和雄先生のお話

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遺伝子は解読できたが、世界の富を集めてもたった一つの大腸菌すら作れない

 筑波大学名誉教授であります「村上和雄」先生のお話しをたまに聞くのですが、とても面白い話です。

 淡々とした話し方なのですが、遺伝子の話がとても面白いのです。

 村上先生とは、ある会の会長さんであり、私もその会員である事から、聞く機会に恵まれております。

 少しづつ紹介していきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ダライラマは、科学に非常に興味を持っていらして、15年以上前からアメリカの医学部と共同で瞑想の科学というものを行っており、すでに論文も発表されています。

 私は対談の中で、21世紀はただ単に宗教ではなく、宗教と他のものが対話したり、相補ったりして色々な問題を解決する必要があると感じました。

 ダライラマが「仏教は心のサイエンス」と言うように、サイエンティストも仏教の教えから何かを学ぶことがあるのです。

 40年間、生命と向き合ってきて、人間の生命だけでなく、すべての命が素晴らしいと感じています。

 それは、すべての命がつながっているからです。

 個人的には、心と遺伝子というテーマを研究し続けることによって、心と体を遺伝子でつなぎ、さらには、本当の意味での宗教性、精神性と科学をつなげられるようになるのではないかと考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 生命科学の研究は、今素晴らしい勢いで進んでいます。その現場にいる私たちの予想さえ、しばしば超える勢いです。

 ヒトの全遺伝子暗号の解読ができ、人間は自分の体の設計図を解読する技術を手にしたのです。

 この遺伝子の解読で生命の謎が解けると期待されたのですが、その解読が進むにつれ、話はそう簡単ではないことも分かりつつあります。

 そもそも、たった一つの細胞のことも、極めれば極めるほど深く、決して簡単ではありません。

 生命の仕組みは、まったく驚くほど不思議なことばかりです。

 人は「生きる」などと簡単に言いますが、自分の力だけで生きている人は、地球上に一人もいません。

 それぞれの遺伝子は、見事な調和の元で働いています。

 ある遺伝子が働き出すと、他の遺伝子はそれを知って手を休めたり、いっそう作業のピッチを上げたりすることで、実にうまく全体の働きを調整しています。

 このような見事な調整が、たまたま偶然に出来たとはとても思えません。この見事な調整を可能にしているものの存在を、私は10年ほど前から「サムシング・グレート(偉大なる何者か)」と呼んでいます。

 細胞の数は体重60キロの人で60兆個もあります。もっと凄いことは、この細胞一個一個に、例外を除いてすべて同じ遺伝子が組み込まれていることです。

 細胞の仕組みは、一つの細胞の中心には核があって核膜で覆われており、その核の中に遺伝子があります。

 元を正せばこのたった一個の細胞(受精卵)からスタートして、今のあなたがあるのです。一個の受精卵が二個に、二個が四個に、四個が八個に、八個が十六個に・・・と細胞が次々と分裂を繰り返し、途中からは、「おまえは手になれ」「おまえは足になれ」「俺は脳に行く」「俺は肝臓になる」と、それぞれ手分けして母親の体内でどんどん分裂を続けて、十月十日で出産、細胞数約3兆個の赤ちゃんの姿になってこの世に誕生する、というわけです。

 人の細胞一個の核に含まれている遺伝子の基本情報量は30億の化学の文字で書かれており、これをもし本にすると、千ページの本で千冊分になる。そして私たちはこのDNAに書き込まれた膨大な情報によって生きているのです。

 ヒトの遺伝子情報を読んでいて、不思議な気持ちにさせられる事が少なくありません。これだけ精巧な生命の設計図を、いったい誰がどのようにして書いたのか?もし何の目的もなく自然に出来上がったのだとしたら、これだけ意味のある情報にはなりえない。

 まさに奇跡としか言いようがなく、人間業をはるかに超えている。そうなると、どうしても人間を超えた存在を想定しないわけにはいかない。

 そういう存在を私は「偉大なる何者か」という意味で十年位前からサムシング・グレートと呼んできました。

 遺伝子の世界は、触れれば触れるほどスゴイと感じてしまいます。

 眼に見えない小さな細胞。

 その中の核という部分に納められている遺伝子は、たった四つの化学の文字の組み合わせで表される30億もの膨大な情報が書かれている。

 その文字もAとT、CとGというふうに、綺麗に対をなしている。

 この情報によって私たちは生かされているのです。

 しかも、人間だけではない。地球上に存在するあらゆる生き物=カビなどの微生物から植物、動物、人間まで含めると、少なく見積もっても2百万種、多く見積もると2千万種といわれている=これら全てが同じ遺伝子暗号によって生かされている。

 どうしてもサムシング・グレートのような存在を想定しないわけにはいかなくなります。

 サムシング・グレートとは「こういうものである」とはっきり断言できる存在ではありません。

 大自然の偉大な力ともいえます。

 私たちの大元に何か不思議な力が働いていて私たちは生かされている、という気持ちを忘れてはいけないと思うのです。

 今科学者は生命について、いろいろなことを知るようになりましたが、それでも一番単純な、わずか細胞一個の生命体である大腸菌一つも作ることはできません。

 ノーベル賞学者が束になってかかっても、世界の富を集めてきても、これだけ化学が進歩しても、たった一つの大腸菌すら作れないのですから。つまり生命を作る事ができないのです。

 だとすれば、大腸菌に比べたら60兆という天文学的数値の細胞からなる一人の人間の値打ちというものは、世界中の富、世界中の英知をはるかに上回るといってもいい。

 私たちはサムシング・グレートから、それだけすごい贈り物を頂いているのです。

 そういう人間を越えた大きな存在によって、私たちは生かされているという事実を、まずしっかり見つめる事が大切ではないか。

 続く・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 命の大切さを実感します。


ダライ・ラマ法王日本代表部事務所からのアピール/日本の皆さまへ
http://nikki-yasu.seesaa.net/article/90267993.html
posted by yasu463 at 15:04| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | Something Great | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

誰がこんな凄い遺伝子の暗号を書いたのか


 村上和雄先生のお話 続き

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 人間はしゃべる時にも遺伝子が働かないとしゃべれない。

 言語情報を脳から取り出すときには遺伝子の働きがいるのです。

 さらに驚異的なのは、これらの遺伝子の構造と原理は、全ての生物に共通していることです。

 現在地球上には2百万種以上の生物がいるといわれているといわれますが、カビも大腸菌も植物も動物も人間も全て同じ原理。

 という事は、続きを読む
posted by yasu463 at 01:19| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Something Great | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

人の細胞の数は60兆個。生まれたばかりの赤ちゃんでも細胞三兆個

 村上和雄先生のお話。続き

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 細胞の数は体重60キロの人で60兆個もあります。

 キロ当たり約1兆個の計算で、生まれたばかりの赤ちゃんでも3兆個の細胞を持っています。

 もっと凄いことは、この細胞一個一個に、例外を除いてすべて同じ遺伝子が組み込まれていることです。
続きを読む
posted by yasu463 at 22:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Something Great | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遺伝子の働きは環境や刺激で変化する

 村上和雄 筑波大学名誉教授のお話しです。ご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 最近の遺伝子の研究から、凄い事が一つ分かってきました。

 「遺伝子の働きは、それを取り巻く環境や外からの刺激によっても変わってくる」ということです。

 正確に言えば、それまで眠っていた遺伝子が眼を覚ます
ことでもあるのです。

 環境や外からの刺激といえば、一般には物質レベルだけを考えがちですが、私は精神レベルでも考えています。
続きを読む
posted by yasu463 at 14:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Something Great | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遺伝子は解読できたが、世界の富を集めてもたった一つの大腸菌すら作れない

 村上和雄 筑波大学名誉教授のお話しです。ご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 生命科学の研究は、今素晴らしい勢いで進んでいます。その現場にいる私たちの予想さえ、しばしば超える勢いです。

 ヒトの全遺伝子暗号の解読ができ、人間は自分の体の設計図を解読する技術を手にしたのです。

 この遺伝子の解読で生命の謎が解けると期待されたのですが、その解読が進むにつれ、話はそう簡単ではないことも分かりつつあります。続きを読む
posted by yasu463 at 01:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Something Great | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

【生命の暗号】あなたの遺伝子が目覚める時

 【生命の暗号】あなたの遺伝子が目覚める時 この本は面白い。

 日経新聞コラム「春秋」でも紹介されて大反響のベストセラー!

 「遺伝子」のことが面白いほどわかる本「【生命の暗号】あなたの遺伝子が目覚める時」です。

 筑波大学の村上和雄教授がお書きになった本なのでさぞかし難解なのかな?と思って読んで見たところ、子供からお年寄りまで理解できるようにわかりやすく書かれています。

 この手の本としては16万部も売れるなんて驚異です。

 本の概要は、実際に働いている遺伝子は5−10%に過ぎません。

 つまり人間の持つ潜在能力はとてつもなく大きいのです。

 遺伝子の機能は、電灯のスイッチのように、点けたり消したり(on/off)できます。

 人生をよりよく生きるためには、良い遺伝子(例えば元気が出たり、素肌がつやつやしたり)をスイッチonにし、悪い遺伝子(例えば誰もが持つ発ガン遺伝子)をスイッチoffにしたいものです。

 スイッチon/offには、その人の生き方が大きく影響しています。

 キーワードは、「遺伝子ONの生き方」。

 「人間は誰でも自分の中に、ものすごい力を発揮できる素晴らしい遺伝子を持っているのです。

 それが今はたとえ眠っていたとしても、その遺伝子のスイッチをONにすることができれば、どんなことだってできる」。


 問題は、その遺伝子のスイッチをどうすればONにできるか?ということです。

 皆さんもご興味ありますよね〜!遺伝子のスイッチをONにして生きたいものですね。
posted by yasu463 at 02:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Something Great | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三国志武将診断♪
アナタはどの武将??
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。