2012年10月08日

ノーベル賞に山中伸弥教授

ノーベル賞
 スウェーデン・カロリンスカ研究所(Karolinska Institutet)は8日、2012年のノーベル医学・生理学賞(Nobel Prize for Medicine)を、あらゆる細胞に分化する能力があるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を開発した京都大(Kyoto University)の山中伸弥(Shinya Yamanaka)教授(50)と英ケンブリッジ大学ガードンイン研究所(Gurdon Institute in Cambridge)のジョン・B・ガードン(John B. Gurdon)教授の2氏に授与すると発表した。患者自身の細胞を移植して病気やけがを治療する「再生医療」への道を開いた功績が評価された。

 日本人のノーベル賞受賞は2年ぶりで、米国籍の南部陽一郎氏を含め計19人。医学・生理学賞は1987年の利根川進氏以来、2人目の快挙となった。

 iPS細胞は、あらゆる細胞に分化する能力を持つ万能細胞の一種。これを基に神経や肝臓、心臓などの細胞を作製し、病気や事故で機能を失った患者の臓器などに移植することで、難治疾患を治療する再生医療の実現が期待されている。

 研究はまだ安全性評価の段階で、実際に患者に使われたケースはない。医療分野のノーベル賞は広く実用化した段階で授与されるのが通例で、極めて異例のスピード受賞となった。

 山中氏は平成18(2006)年、マウスの皮膚細胞に4つの遺伝子を導入することで世界で初めてiPS細胞の作製に成功。19年には同じ手法でヒトの皮膚から作製することにも成功し、世界の第一人者として研究をリードしている。

 授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金計800万スウェーデンクローナ(約9500万円)が贈られる。


★「閉塞感のある日本に明るい話題」 建築家の安藤忠雄氏 2012.10.8 19:33

 山中伸弥氏が呼びかけた研究活動への一般公募の寄付に応じたことがあるという建築家の安藤忠雄氏(71)は、受賞について、「研究への評価はもとより、山中さんのようなこれからの時代を切り開こうとする若手の研究者が評価されたことは、閉塞感のある今の日本にとっては非常に明るい話題で喜ばしいこと」と賞賛した。

 そのうえで、自らの世界的な活動と重ね合わせ、「社会にインパクトを与える大きな仕事には多くの理解者が必要だ。山中さんをはじめ若手のトップランナーへの支援への取り組みについて、企業など日本社会が当たり前だと思える意識改革や仕組み作りが、技術立国再興を目指す日本に不可欠だ」としている。


★「大変おめでたい」物理学賞の小柴氏 2012.10.8 19:35

 平成14年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊氏は、山中伸弥教授の受賞について、「大変おめでたいこと。研究分野は違っても同じ日本人として、私も素直にうれしい。『おめでとう』とお伝えしたい」と喜んだ。


★「電話しまくり」 対応に追われる文科省職員 2012.10.8 19:36

 文部科学省では、山中伸弥教授のノーベル医学・生理学賞受賞の一報を受け、職員らが対応に追われた。

 文科省では、日本人の受賞に備え、8日午前中から職員が登庁。午後6時半ごろ、山中氏受賞の一報が入ると、17階の振興企画課学術振興係では職員十数人が、田中真紀子文科相登庁の調整や、首相官邸など関係機関との連絡、資料作成など対応に追われた。

 女性職員の一人は「良いニュースで良かったが、みんなで関係各所に電話しまくっている状態。電話も鳴りやまない」と慌ただしく話した。


★「ただただうれしく、すごい」 同級生の藤井睦子さん(大阪府教委教育次長 )2012.10.8 19:49

 大阪教育大学付属高校天王寺校舎時代、勉強だけでなく、スポーツや音楽にも熱心に取り組む山中伸弥教授は同級生の中でも憧れの的だったという。

 同級生の間では「今年こそ」という期待が年を追うごとに高まっており、同級生の一人で大阪府教委の教育次長、藤井睦子さん(50)は「ただただうれしく、すごいの一言。本人はいつものように淡々としているかもしれないが、こちらは浮かれてしまう」と大喜び。

 山中氏は高校卒業後も、同窓会を開くたびに顔を出すなど、気さくな人柄でも知られている。藤井さんが昨年秋、大阪城周辺でマラソンの練習をしていた山中氏と偶然会ったときも声を掛けられた。藤井さんは「同級生の誉れ。一緒に写真を撮っておけばよかった」と話した。


★「個人の想像力あふれる発想だ」医学・生理学賞の利根川氏 2012.10.8 20:03

 昭和62年にノーベル賞を受賞した利根川進・脳科学総合研究センター長(73)は喜びのコメントを次のように発表した。

 「山中伸弥先生のノーベル生理学・医学賞のご受賞、大変嬉しく思っております。心からお祝い申し上げます。山中先生のご受賞については確信しておりました。いつ頃受賞されるのかと心待ちにしておりました。

 先生のご受賞のニュースに接し、2つの思いが胸に去来しました。

 そもそも学問・研究の成果には、国境・国籍というものは関係ないのですが、それでもこの20〜30年、物理や化学分野で多くの日本人受賞者が出た中で、生理学・医学分野では、受賞者が出ずに参りました。そういう意味でも、今回は日本のために本当によかったと、心から嬉しく思っております。

 2つ目は、山中先生のiPS細胞のご研究は、医学・薬学などの応用分野に多大な可能性を提供しておりますが、もともと、先生の基礎研究における傑出した独創的な発見から始まっています。社会に役立つ技術の開発には、基礎研究がいかに大切かということを証明していただいたという点からも、大変嬉しく思っております。

 個人的には、数年前、理研の脳科学研究所で講演をしていただいたときのことを思い出します。特に、先生の一連の成果が、先生とわずか2人の若い学生という小チームで行われた初期の研究の大発見に基づいていることを知り、自分のケースにとてもよく似ていたため、感慨深いものがありました。近年多くの科学研究が大規模化していますが、そのおおもとにあるのは個人の想像力あふれる発想だという点で、わが意を得たりと思った次第です。

 山中先生がこのご受賞を機会にますますご活躍されることを心から祈っております」


★「欧米とは異なる取り組み方が独創生む」 化学賞受賞者の田中耕一さん 2012.10.8 20:03

 2002(平成14)年にノーベル化学賞を受賞した田中耕一氏は、山中伸弥京都大教授のノーベル医学・生理学賞の受賞についてコ、メントを発表した。

 自然科学系ノーベル賞を日本人研究者が同時受賞してからまだ2年しかたっていませんが、早くも新たな日本人が、しかも利根川先生受賞から四半世紀ぶりの医学生理学賞受賞となり、本当におめでとうございます。昨今、日本が自信を失いがちな状況の中、特に日本が得意とする科学・技術の分野から極めて明るいニュースが舞い込んだといえるでしょう。

 山中先生は、神戸・大阪・奈良・京都で研究されています。2008年の益川先生、小林先生を含め、また京都にゆかりのある受賞者が増えたということ、同じく京都で研究を続ける私にとって、これもまた喜ばしいことです。

 私が子供のころ、日本には「欧米のまねをすれば独創的になれる」という空気がありました。京都は、今も日本古来の伝統や文化が息づいています。個人的な意見ですが、「独創とは人と違う考えを用いて創造すること」であり、「欧米とは異なる取り組み方、環境で研究することが独創を生み出す」。そういった可能性をもっと追求してよいのでは、と最近思えるようになりました。

 今回の受賞が、「日本の環境や考え方を生かし、世界に貢献できることがたくさんある」ことを再認識する、日本が自信を持って再び前進する契機になれば、受賞の意義がさらに増すと思えます。

 山中先生は、日ごろ、ご自身の研究成果を「一刻も早く医学・薬学へ生かしたい」とおっしゃっています。ノーベル賞設立から現在まで脈々と受け継がれている根幹の精神に呼応する考え方と思います。「創薬・診断への貢献」を目指す最先端研究開発支援FIRSTプログラムを進行中の私も、今回の山中先生の受賞に勇気を得て、さらに貢献できるよう頑張りたいと思います。


★「若い世代が大いに活気づく」化学賞の野依氏 2012.10.8 20:10

 平成13年にノーベル化学賞を受賞した野依良治・理化学研究所理事長の話 「日本人の医学・生理学賞は実に25年ぶりで大変喜んでいる。日本は基礎的な生命科学が非常に強いといわれていたが、受賞でそれが実証された。iPS細胞は大変大きな基礎医学的発見だが、臨床医療に直結する期待が大きく、より素晴らしい業績だ。今後は臨床にどう応用するかという局面を迎える。基礎と臨床が一体として研究が進められる必要があり、政府に総合な取り組みを期待する。日本は経済低迷で薄暗い状況にあるが、これで社会、特に若い世代が大いに活気づくのではないか」


★「彼の正義感が原点」 中高校時代の同級生の世耕弘成議員 2012.10.8 20:11

 山中伸弥教授の中学・高校時代の同級生で、参議院議員の世耕弘成氏は、理事長を務める近畿大を通じて「中学・高校時代からの親友が受賞し、心から喜んでいます」とコメントした。

 世耕氏は、山中氏と家も近所で、同じ柔道部に所属し、生徒会でも一緒に活動してきたという。「そんな友人の受賞を誇りに思います。中学生のころから正義感が強く、真理を探究するタイプの人物でした」と当時を振り返り、受賞について「患者を救いたいという、彼の正義感が受賞の原点にあるのではないのでしょうか」とたたえた。


山中伸弥教授の会見(1)「日本という国が受賞した賞」 2012.10.8 21:26

 大変お忙しい中お集まりいただき、本当にありがとうございます。ノーベル賞という賞を、何時間か前にスウェーデンからお電話を頂き、受賞の知らせをいただいたが、本当に心の底から思ったことは、この賞というのが、山中伸弥とジョン・ガードン先生の2人ということだが、本当に私が受賞できたのは、日本という国に支えていただいて、本当に日本、日の丸のご支援がなければ、受賞できなかったと心の底から思った。

 まさにこれは、日本という国が受賞した賞だと思っている。このiPS細胞の基礎となった研究を奈良先端科学技術大学院大学というところで初めて、研究室を持った30代半ばのころ、非常に無名の研究者に過ぎなかったころだが、国から大きな支援を与えていただいて伸び伸び研究することができた。

 これが発展したことにより、京大でさらに研究ができ、文科省の支援も受ける中でできたのがiPSだった。この間、非常に大きな国からの支援をいただいてきた。

 こういったご支援がなければ、今日の電話はかかってこなかった。感想を一言で言うと、感謝でしかない。

 感謝する人は、国のみなさん、今私たちの研究を支援頂いている京都大総長を初めとしたみなさん、そして、iPS細胞を一緒に作ってくれた高橋和利講師や同僚、若い研究者。分野は違うが、いつも励ましてくれる友達、心の支えになってくれる人。また、家族に心から感謝の意を表したい。私の母が80歳を超えており、その母に報告できたことがうれしい。義理の父は私を留学させるために支えてくれたが、今年早くに亡くなった。この義理の父に報告できていないのが残念だが、25年以上前に亡くなった本当の父とともに、天国で喜んでくれていると思う。

 喜びも非常に大きいが、大きな責任も感じている。iPS細胞は、医学や創薬に、非常に大きな可能性を感じているが、本当の意味で役だったといえるところまでは来ていない。早く研究を続け、医学応用を実現させたいと思っている。

 この何日間か、いつも支えてくれているみなさんへ、私もできるだけ自分の言葉で伝えたいと思っているが、その後はすぐに研究に戻る。まだ仕事は終わっていないので、来週からは研究に専念して、論文も書かなくてはいけない。学生さんも待っている。

 それが私の仕事で、この賞の意味。過去の仕事ではなく、これからの発展に対する意味が大きいので、それに報いるように、これからも現役の研究者としてこれに取り組んでいきたい。

 今回、ジョン・ガードン先生と受賞できたのが、これがいちばんうれしい。ジョン先生は、いったん分化した他の細胞が受精卵に戻るということを初めて証明された。私たちが研究している分野を開拓した先生。

 これからの研究者の人生として、いまだに活躍されているジョン先生のように私もiPS細胞が再生医学への応用を実現する日まで頑張っていきたいと思う。

 少し外国の話になるが、私が京大と並んで所属しているグラッドストーン研究所の推薦ももらっての受賞。大学院を修了してすぐの新米のときにトレーニングを積んだ所。ここは、小さな所ではあるが、毎月渡米しては、グラッドストーンの支えがなければ、今回の受賞はなかった。本当に感謝している。

 −受賞の知らせは

 「家にいて、洗濯機からガタガタ音がするので直そうとしていたとき、携帯電話が鳴った。ノーベル賞に匹敵する人はもっとたくさんいると思っていたので、本当なのかどうか信じられないというのが正直な気持ちだった。日本の研究者である私が受賞できたのは、国の支援のたまものだと思う」

 −どのような点が評価され受賞につながったと思うか

 「核の初期化が極めて簡単な方法で起きるというのを示したのが受賞の理由だと思っている。ただ、ガードン先生の研究がなければ成し遂げられなかったと思うし、他にもキーとなる研究が多くあった。そういった研究のおかげでの受賞だとも強く思った。研究者の仕事は『真理を明らかにする』ことだ。しかし、なかなか真理は見えてこない。しかし、たまたまある1枚をめくったら見えるということも研究ではある。私たちのチームがやったのも、ガードン先生がめくった後をめくったら見えてきたということだ。ある意味、幸運とも言っていいのかもしれないが、1枚1枚が等しく大事だということは変わっていない」

 −先ほどの野田首相との電話でのやりとりでは、どんな声をかけられたのか

 「総理大臣と話をするのは生まれて初めてだったので緊張してしまい、ひとことずつ覚えているわけではないが、野田総理の方からは『おめでとうございます。日本中を元気にするような受賞で、国を代表してお祝いの言葉を述べます』という身に余る言葉を頂いた。私たちも、文科省を初めとして、国の税金で運用させていただいているので、私たちの本当の仕事は、しっかり研究開発を進め、iPS細胞を医療応用させることだと思っている。これからも、その仕事をきちんと続けていきたいと思う」

 −首相の具体的な言葉は 「やはり、おめでとうございますという言葉を何度もかけていただきました」

 −どのように返事を

 「『ありがとうございます』と。言えたかどうかは分からないが、言いたかったのは、国からの支援をいただいたからノーベル賞を受賞できたということ。まず、最初にiPS細胞を作ることができた仕事も、国からの支援があったからできたことなので、その感謝の気持ちを伝えたかった。それが、伝わっていることを願っています」

 −ご家族にはどのような報告をしたのか

 「受賞の知らせを聞いたとき、家族の何人は家にいたが、このような知らせは伝えてもなかなかぴんと来ないみたいで、なんか呆然としているというか。私自身もそうでしたが。母親にもすぐ電話したのですが、母親もきょとんとしてるような声でした」

 −お母様はなんと

 「よかったなぁ、と」

 −ガードン博士とのエピソードはありますか

 「初めて会ったのは成功するかなり前のこと。印象は、ジョン・ガードン先生は、正直なところ、とても美しい髪の毛をされていて、美しいなというのが第一印象。いまだに、現役で自分で研究しているのがすごいなと。常に論文をよみ、ディスカッションしていて、科学者というのはこうでなければだめだな、というのがありました」





 ★本当に不思議な水強命水「活」
  困っているのなら是非飲む事をオススメいたします。
  本当に不思議な水なのです。
posted by yasu463 at 22:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ノーベル賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三国志武将診断♪
アナタはどの武将??
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。