2013年03月17日

米国でも注目高まる前田健、万全の態勢で決戦へ

 決勝ラウンド初戦の準決勝で、先発の大役を担う前田健の表情には、自信があふれていた。終始リラックスした様子で軽めの調整を行い、「自分の投球をするのが大事。スタイルを貫きたい」と力強く語った。

 自信の源は先発した2試合に見て取れる。計10回を2安打、15奪三振、無失点と圧巻の内容。特に前回のオランダ戦は、大リーグ通算434本塁打のジョーンズらを力でねじ伏せる快投を見せ、山本監督からその場で準決勝の先発を明言されただけでなく、ネット裏の大リーグスカウトをうならせた。そのためか、前日会見では外国人記者から将来の大リーグ挑戦の意思も聞かれ、「答えにくいのでノーコメント。ただメジャーの球場で投げられるのはうれしいし、楽しみ」と笑顔を見せる一幕も。右腕への注目は米国内でも高まっている。

 アリゾナで行われた大リーグチームとの練習試合では、ほとんどの投手が出場する中、サンフランシスコとの温度差などを考慮して登板せず、ブルペンなどで黙々と調整してきた。13日に支援者らと開いた食事会では、藤川(カブス)ら元代表の大リーガーとも顔を合わせ、「経験しないと分からないことや、感じられないことを話してもらった」。心身ともに入念な準備をしてきた。

 相手はプエルトリコに決まった。「勢いのあるチーム。打ちだすと止まらない」と警戒も怠らない。右腕にとって今大会での集大成の舞台へ、万全の態勢で臨む

タグ:WBC
posted by yasu463 at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

auld lang syne [kenny G]

posted by yasu463 at 01:02| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

【大原麗子】女優 麗子〜炎のように

★「女優 麗子〜炎のように」 テレビ東京 3月6日(水)午後9時〜

 平成21年に62歳で亡くなった女優、大原麗子さんの生涯を描いたスペシャルドラマで、素顔の“国民的女優”を内山理名が演じる。

「すこし愛して、なが〜く愛して」というキャッチコピーで一世を風靡したウイスキーCMの甘い印象とは裏腹に、実際の大原さんの仕事にかける情熱は、炎のように熾烈だったという。

 「寂しがり屋だけど、人に甘えるのはうまくない。命を削って仕事に取り組む麗子さんの“女優魂”は、本当にすごいと思いました」

 複雑な家庭環境、2度の結婚と離婚、突然の難病…と起伏に富んだ生涯。

 家庭と仕事をてんびんにかけ、仕事を選ぶ真面目さが、女優をより魅力的に、しかし孤独にした。

 「確かに役に入り込んでいるときは、孤独になるときがあります。ただ、私は麗子さんのように女優に命を削れるか、まだ分からない。幸せって、どこにあるんだろう…」

 今回の役柄は、自身の生き方にも一石を投じているようだ。

 ドラマは芸能リポーター、前田忠明さんの著書が原作で、大原さんの弟、政光さんが監修。

 大原さんの元夫、渡瀬恒彦さん(徳重聡)や森進一さん(田代万里生(まりお))といった関係者が実名で登場するのも話題だ。

 渡瀬さん本人とは親子役で共演したことがあり、「渡瀬さんのプライベートをのぞいてしまったような不思議な感覚。『真面目な方』という印象だったけれど、キュートな部分も想像したり…」とはにかむ。

 一部シーンの収録は、東京都世田谷区に残されている大原さんの自宅で行った。

 天井が高くスタジオのような邸宅を目の当たりにし、「麗子さんはプライベートでも女優だったんだ」と心動かされたという。

 今後の目標を尋ねると、「一瞬、分からなくなります」とぽつりとつぶやく。

 「でも、(プライベートで)辛いときも楽しいときも、この経験や感情が(演技に)『使える』と思ってしまう。女優って、きりがないなと思っちゃいますね」

 その“きりがない”道は、大原さんも歩んだ道。

 演技の奥深さに戸惑いながらも、今は一つ一つの仕事をしなやかに楽しんでいるようだ。


 ◆内山理名(うちやま・りな)◆

  昭和56年、神奈川県出身。平成10年にデビューし、CMやドラマなどで活躍。

  17年、「大奥〜華の乱〜」で連続ドラマ初主演。20年に蜷川幸雄演出「リア王」で初舞台を踏んだ。

  今月30日公開の映画「恐竜を掘ろう」や、4月6日から上演される銀河劇場(東京都品川区)での朗読劇「辻仁成 その後のふたり」にも出演する。


★大原麗子

 本 名  大原 麗子(おおはら れいこ)
 生年月日 1946年11月13日(昭和21年)
 没年月日 2009年8月3日(満62歳没)
 出生地  東京都文京区(北豊島高等学校卒業)
      実家は老舗の和菓子屋であった。
 血液型  AB型


<病気と死因>

 1975年に神経疾患であるギラン・バレー症候群を発症。
 47歳のときには乳がん手術を受けた。
 1999年11月から翌年にかけてギラン・バレー症候群が再発したとして芸能活動を休止した。
 2008年11月には足元がふらついて自宅で転倒、右手首の骨折と膝の打撲という重傷を負った。
 これは同症候群の影響で身体のバランスを崩したものとされていたが、同じくギラン・バレー症候群を患った演出家の鴨下信一や専門医はこの病が再発することは滅多にないとして再発に懐疑的であり、大原の実弟も再発は姉の思い込みだったのではないかと否定的である。
 2009年8月6日、連絡が取れず不審に思って警察に通報していた実弟らによって、自宅で孤独死しているのが発見された。
 行政解剖の結果、死亡推定日時は同年8月3日。62歳没。
 かつて映画で共演した夏木陽介は、「話し相手になってあげればよかった…」と追悼のコメントを寄せた。
 死因は不整脈による脳内出血であると診断された。
 8月23日、東京の青山葬儀所で「お別れの会」が開かれ、森光子、石井ふく子、浅丘ルリ子らが発起人となり、元夫である渡瀬恒彦や森進一のほか、八千草薫、徳光和夫、加藤和也、井上順、堺正章、松原智恵子、音無美紀子、浅野ゆう子、中村雅俊らが参列。
 大原が実の姉のように慕っていた浅丘は弔辞を述べ、浅丘が骨折した大原を見舞いに訪れると、大原が早く会いに来てほしかったと抱きついて怒りながら号泣していたことを明かした。
 また高倉健は、この時参列しなかったが、10月に墓参に訪れている。
 戒名は、『花香院麗風妙舞大姉』
  ※ギランバレー症候群は神経疾患で、筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入らなくなるという病気。

<結婚&離婚>

 1973年(昭和48年)9月、俳優の渡瀬恒彦と結婚したが、5年後の1978年(昭和53年)2月13日に離婚。
 1980年(昭和55年)6月には、歌手・森進一と再婚したが、1984年(昭和59年)に破局に至った。
 森との結婚生活については離婚会見で「家庭に男が2人いた」と振り返った。




<本を読まれた方々の感想> とても参考になります。

●孤独な鳥
 故・大原麗子にまつわるドキュメンタリー番組で、難病についてや、亡くなる直前までの壮絶な闘病生活と介護生活、精神的に非常に不安定な状態だったことは知っていたが、あらためて本書を読んで、すごく切ない気持ちになった。
 女優・大原麗子としての美しさと可愛さのイメージだけを大切にしたい、それ以外のことなど知りたくない方にはおすすめできないかもしれない。
 けれども、自ら難病を抱え、介護が必要な肉親を抱えた、一人の女性としての苦悩と孤独がひしひしと伝わり、共感できる部分が多々あって、大原麗子という人をすごく身近な存在に感じられた。
 複雑な家庭事情と生い立ち、「母を楽にしてあげたい。弟を守りたい。」少女期から抱き続けた強い思いで女優となり、まるで女優が天職だったかのようなひと。
 生真面目で負けず嫌い、几帳面で男勝り、女優・大原麗子の素顔が浮き彫りになっていた。
 元夫・渡瀬恒彦にだけ見せた甘えん坊の一面や、理想の男性だった渡瀬に終生抱いた愛情、森進一との離婚理由や重大な秘密に愕然とし、森進一の男としての優しさと愛情についても弟の証言によって明確になっている。
 高倉健が大原麗子の墓参りに訪れた際のエピソードや、浅丘ルリ子の弔辞にも改めて感動した。
 きれい事だけではない、永久の美、女優という業にとらわれながら、実人生を生きた生身の女性の苦しみと悲しみに触れたような書。

●想定外のいい本でした
 単行本一気に読めました。
 興味本位で読み始めたのに、途中何度も泣きました。
 子どもの頃の弟さんとのエピソードには、涙があふれました。
 孤独死と言われてますが、著書の前田さんをはじめ、弟さんやお母さん、姉と慕っていた浅丘ルリ子さん、高倉健さん他、実際は、多くの人に愛され、遠くから見守られていた幸せな人でした。
 彼女が愛した詩「孤独な鳥は高く高く飛ぶ」は、彼女の人生そのものでした。
 大原麗子は、いい意味で世渡りのための処世術というか、打算や小賢しさがない「永遠の少女」だったのだと思いました。

●大原麗子を愛するすべての人に
 本書は、ある偶然で晩年の大原麗子と約2ヶ月間の時間を共有することになった前田忠明氏が、彼女から直接聞いた話、そして彼女の死後、彼女の弟さんである大原政光氏から直接聞いた話を基にしてまとめた、彼女の追悼本である。
 彼女しか知り得ない事実のほんの一部は彼女の話から、身内にしか知り得ない数多くの事実は政光氏の話から、そして身内にすら知り得なかった事実は彼女の近くにいた様々な人達の証言から、それぞれ明らかにされた。
 その結果、彼女が持っていた幾つもの謎を解き明かす役割を本書は果たすことになった。
 当然、我々一般人には大変興味深い話が多いので、短時間で一気に読んでしまったが、辛く悲しいエピソードを読んでも、不思議なことに涙はそれ程出なかった。
 彼女は孤高で孤独な人だという認識が元々あったからだろうか。
 とにかく、彼女のことをもっと知りたいと思う人には、一読の価値があると思う。





posted by yasu463 at 00:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

【不思議な水「活」】本当に不思議な水です!!!

信州諏訪で生まれた「強波動水」 愛用者の声
紹介ビデオ を以下よりご覧になれる オンラインサービス開始!

■ プロローグ

■ 愛用者からのハガキ

■ 体験談

■ 強波動水とは

■ エピローグ



科学的にエネルギーを確認

<< 確認方法 その1 >>

血流観察機を用います。
誰でも簡単に自分自身の目で科学的にエネルギーを確認
していただけます。

<< 確認方法 その2 >>
即効性チェック表にある項目で、全ての方にエネルギーを実感していただけます。

強命水「活」
「活」【信州・諏訪で大ヒット】今話題の水「活」
https://katsuaem.com/af/mtracker.php?t=c39fc3c7cfc9c3d6d1d784d29fdbc3d1d7c6c396949108&guid=ON

★「活」は、長野県・茅野商工会議所の「推奨土産品」

 強命水「活」は、「この水の良さ」と「特別な価値」を実感されている地元の方々の声により、 長野県茅野商工会議所の「推奨土産品」になっています。

 茅野商工会議所「推奨土産品」認定制度とは?

 主に観光客の方に、「商工会議所が推薦する土産品であること」を明示します。市の産物を主な材料とすることなどの基準があり、審査員が食品表示や味などを確認する審査を経て、優れた、または特徴のある商品を推奨する制度です。

強命水「活」
タグ:
posted by yasu463 at 00:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議な水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

Celtic Woman(ケルティック・ウーマン)

●Sailing(セイリング)


●The Water Is Wide


●Amazing Grace(アメイジング・グレイス)


●A Tribute To Broadway(夢やぶれて)
posted by yasu463 at 00:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

「よしもと男前ブサイクランキング」発表 気になるランキングは…

 今年で14回目となる「よしもと男前ブサイクランキング」の発表会見が27日、都内で行われ、男性芸人による「ブサイク部門」でお笑いコンビ、NON STYLEの井上裕介(32)が昨年に続き1位をゲットし、V2を達成した。(サンケイスポーツ)

 純白のタキシード姿で登場した井上は「もう慣れたもんですよ」と貫禄十分。「嫌よ嫌よも好きのうち。来年も1位を獲って、真のスーパースターになりますよ」と持ち前のキザでウザいキャラクター全開で、殿堂入りとなる3連覇を誓った。

 ほかに「男前部門」ではピースの綾部祐二(35)、女性芸人による「べっぴん部門」ではアジアンの馬場園梓(31)が井上と同じくV2を飾った。

 昨年のクリスマス前に4年間交際していた文筆家の男性(42)と破局したお笑いコンビ、ハリセンボンの箕輪はるか(33)が「ぶちゃいく部門」で2位となり、「一番優しくしてほしい時期なのに、2位なんて…。踏んだり蹴ったりですよ」とがっくし。相方の近藤春菜(30)も同部門で1位をゲットし、コンビでワンツー独占の快挙?を達成した。

posted by yasu463 at 00:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三国志武将診断♪
アナタはどの武将??
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。